私がコンビニでアルバイトをしていた時の話|販売接客の求人を解説する-お仕事ステーション

私がコンビニでアルバイトをしていた時の話

コンビニエンスストアでアルバイトをした時の話である。

私が勤務していたのは22:00~翌7:00(休憩時間1時間を抜いて8時間である。)

コンビニに行ったことがない人を探し出すことは、難しいと思えるくらい沢山有りみんなが利用しているコンビニだが、仕事の内情を知っている人は少ないと思う。私もそうで、コンビニで働くまでは簡単なアルバイトだと考えていた。楽ができるアルバイトを求人誌で探していて見つけたのがコンビニだった。初めてみると仕事は簡単に見えるだけで、単純な作業だけがあるわけではなかった。

 

勤務する時間帯だが24時間を7,8通りに分けてアルバイトを交代させている。時給が一番高いのは22:00~朝7:00までの時間帯である。勤務場所によって金額は違うが、この時間が一番高い時給を貰っている。労働基準法に基き連続勤務時間が長いので時給の一番高い時間帯は強制的に1h休憩をしなければならない。

私がこれを知ったのは給料をもらった時でした。

面接の時に話してくれていれば、私はショックを受けなかったと思うが、

給料を見て喜んだ後だったので1時間分の時給が引かれている事に少し愕然とした。

 

なぜ給料が引かれるのか気になったので先輩に聞きました。労働基準法というのがあり連続勤務時間を守らなければいけない項目があったので、1時間減らさなくてはいけないと言うことだった。

関連記事

Copyright 2019 teteri.com All Rights Reserved.